HOME>注目記事>低金利で事業資金を確保し安定的な経営を図る
男性

公的金融機関の支援

新しく独立開業するときには、オフィスや店舗をはじめ営業車や什器備品等を揃えねばなりませんし、当面の仕入費や人件費なども含めて多額の資金が必要です。自己資金だけで賄える方もいるでしょうが、利益率を下回る低利で資金を借りることができれば、ビジネスの規模を大きく広げることができます。国では創業者を支援するため、さまざまな制度を設けていますが、そのひとつに創業融資があります。日本政策金融公庫が行っている創業融資は、新規開業者に限り1パーセント程度の低金利で融資を受けられる制度で、これまで多くの創業者に利用されてきました。ほかに創業者が利用できる融資としては、信用保証協会が実施している制度融資があります。いずれも堅実な経営をしていれば、無理なく返済できる範囲内の金利ですから、利用しない手はないでしょう。

審査に通るには

創業融資は有利な制度であるかわりに、普通のカードローンなどに比べて審査が厳しいと言われています。消費者金融と事業性融資を同列に論じることはできませんが、創業融資の審査を通過するには独特のノウハウが必要です。審査では返済可能性が最も重要な問題になるため、資金の使いみちを含めて事業計画が詳しく調査されます。また本人の能力や経験、自己資金の額などもチェックポイントになります。いろいろな面から審査されるので難しそうですが、審査するのが「お役人」なので、きちんと形式が整っていて必要最低限の条件を満たしていれば、通る可能性は高くなります。反対に形式に不備があると書き直しを命じられ、無駄な時間を費やすことになりかねません。創業時のタイムロスを防ぐため、申請の際には専門家のアドバイスを受けるのもひとつの方法です。

広告募集中